ニュースリリース

大管長会,神殿の限定的な再開を発表する [7月20日更新]

教会の指導者は感謝を表明するとともに,神殿の段階的な再開において注意と安全および知恵を用いることを強調する

                                              

2020年7月20日更新:神殿の段階的再開は毎週発表が行われる。ほとんどの神殿は再開の第1段階である。7月27日より,12の神殿が第2段階に移行する予定である。

すべての神殿のリストとその状況を見る。

2020年5月7日付の全教会員に向けた手紙の中で,末日聖徒イエス・キリスト教会の大管長会は新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的なパンデミックに対処するために働いてくださっているすべての人の努力に感謝を表明した。

大管長会は次のように述べている。「天の御父がわたしたちの祈りを聞いてくださったことに心から感謝し,わたしたちは注意深く調整され,慎重に進める神殿の段階的な再開について発表できるのをうれしく存じます。この手紙をもって,わたしたちは17の神殿の再開を許可いたします。2020年5月11日(月)より,限られた神殿においてすでにエンダウメントを受けている会員の生者の夫婦の結び固めの儀式を執行します。」

限られた神殿における結び固め

神殿再開の第1段階では,神殿儀式はすでにエンダウメントを受けている会員の夫婦の結び固め(結婚)に限定して行われる。この再開はアイダホ州とユタ州(合衆国),およびドイツとスウェーデンの限られた神殿にて開始される(本記事の最後に記載されている再開される神殿のリストを参照)。各神殿の現在の状況については,Temples.ChurchofJesusChrist.orgの各個別の神殿ページにて確認することができる。

この夫婦の結び固めは月曜日から土曜日まで予約のみにて行われる。また,最初は一度に一つの儀式または一つの家族に限定して行われる。予約する際,神殿職員が結び固めを受ける二人がその神殿で儀式を受けるうえで承認された地域に在住しているかの確認を行う。旅行や州あるいはその他の地域の境界を跨ぐ移動に関する制限とマスクなどの安全対策用具の使用を含め,政府および公衆衛生のあらゆる指令を遵守することになる。

この生者の結び固めの儀式を行ううえで,神殿はごく限られた神殿職員(2,3名)のみで対応することになる。花嫁,花婿と限られた招待者は神殿の入り口で出迎えられ結び固めの部屋に案内される。花嫁と花婿は慣習的な白色のズボン,シャツ,ネクタイ(男性の場合),およびドレス(女性の場合)を着用して神殿に来るよう勧められている。そして,神殿の中で儀式用の神殿着に着替えることになる。

各結び固めの参加者の人数は,予約をする際に提供される指示に従って,花嫁,花婿および限られた招待者に制限される。健康状態が良好で新型コロナウィルス(COVID-19)の感染症状のない人のみ神殿に来るべきである。神殿の結び固めの部屋およびその他の部屋は各儀式の後,清掃と消毒が徹底して行われる。

段階的な再開

神殿の再開は注意深く慎重に計画され,地元政府から示されている制限に基づく調整を行い,神殿部が承認をして進められる。リスクを低減し,神殿の需要と対応能力を調整し,神殿地区の衛生に関するあらゆる制限を遵守するうえで,4つの段階に分けた再開が考案された。

第1段階:予約による生者の夫婦の結び固め

  • 厳しいガイドラインと安全対策のもとに,すでにエンダウメントを受けている会員のために生者の夫婦の結び固めのみを行う

第2段階:生者のためのすべての儀式のみ

  • 生者のためのすべての神殿の儀式を行う
  • 利用者のための宿泊施設,神殿着の貸し出し,および食堂は利用中止を継続

第3段階:制限付きですべての儀式

  • 生者のための儀式を継続して行う
  • 制限を設けて先祖のための身代わりの儀式を行う
  • 必要に応じて利用者のための宿泊施設,神殿着の貸し出し,および食堂の利用を開始

第4段階:すべての業務の開始

  • 神殿の通常業務を開始する

神殿部の指示に従って,そのほかの神殿も地元政府と公衆衛生の指令に基づいて再開する。それらの神殿も予約による夫婦の結び固めから始め,同じ段階的な方法に従って再開する。

儀式の優先順位

現在予定に入っている生者のための儀式に関して,予約の確定または変更を行うために神殿職員が会員に連絡を取ることになる。その後,神殿の閉館のために予約がキャンセルになった会員に対して,儀式を予約するうえでの優先順位が知らされる。このような状況であるため,会員は神殿に電話をして儀式の予約を行うべきである。最終的な優先順位は新たな予約を入れる際に知らされる。

特定の神殿に関する情報

会員は特定の神殿の再開状況と制限に関して,この神殿リストPDFまたはTemples.ChurchofJesusChrist.orgで確認することができる。また,神殿会長は割当てを受けている神殿の再開に関する情報を伝えることに関して,地域七十人と協力して行う。

安全対策

上記に概説されている再開プロセスに加えて,各神殿会長会は神殿職員と利用書を守る助けとなる追加の対策を講じる。それには,利用者に対するマスクと手袋着用の許可,神殿内の数か所に手の消毒剤を設置すること,頻繁な手洗いと適切なソーシャルディスタンスを保つことの奨励が含まれる。神殿で奉仕するすべての人は自主的にそのように行う。また,さらなる安全の確保のために,神殿の開館時間,椅子の座り方,および神殿施設に関する調整も行われる。

大管長会は希望と要請を表明して次のように手紙を締めくくっている。「このパンデミックとその長く続いている影響が過ぎ去るように引き続き皆さんの信仰と祈りをお願いいたします。わたしたちは神殿,集会,伝道活動をすべて再開できる日を楽しみにしています。」

神殿の状況

以下の3つの神殿は2020年7月27日より再開の第1段階を開始する神殿である。これにより現時点で合計125の神殿が再開となる。

  • ワシントン州コロンビアリバー神殿
  • エクアドル・グアヤキル神殿
  • イングランド・プレストン神殿

以下の12の神殿は2020年7月27日より再開の第2段階に移行する神殿である。

  • モンタナ州ビリングス神殿
  • ノースダコタ州ビスマーク神殿
  • オハイオ州コロンバス神殿
  • デンマーク・コペンハーゲン神殿
  • ドイツ・フランクフルト神殿
  • ドイツ・フライベルク神殿
  • フィンランド・ヘルシンキ神殿
  • 韓国ソウル神殿
  • スウェーデン・ストックホルム神殿
  • 台湾台北神殿
  • オランダ・ハーグ神殿
  • ネブラスカ州ウィンタークォーターズ神殿

以下の7つの神殿は2020年7月20日より再開の第1段階を開始する。これにより合計で122の神殿が再開となる:

  • ブラジル・フォルタレザ神殿
  • イングランド・ロンドン神殿
  • ブラジル・マナウス神殿
  • カリフォルニア州オークランド神殿
  • ブラジル・レシフェ神殿
  • ブラジル・サンパウロ神殿
  • フィジー・スバ神殿

以下の6つの神殿は2020年7月13日より再開の第1段階を開始する。これにより合計で115の神殿が再開となる:

  • ノバスコシア州ハリファクス神殿
  • カリフォルニア州ロサンゼルス神殿
  • ケベック州モントリオール神殿
  • ブラジル・ポルトアレグレ神殿
  • ワシントン州シアトル神殿
  • ワシントン州スポケーン神殿

第1段階の再開を以前開始した二つの神殿,メキシコ・チワワ州コロニアフアレス神殿とメキシコ・モンテレー神殿は現在閉館中である。以下の12の神殿は2020年7月6日より再開の第1段階を開始する。これにより合計で109の神殿が再開となる:

  • パラグアイ・アスンシオン神殿
  • マサチューセッツ州ボストン神殿
  • カリフォルニア州フレズノ神殿
  • スペイン・マドリード神殿
  • ニューヨーク州マンハッタン神殿
  • ウルグアイ・モンテビデオ神殿
  • カリフォルニア州ニューポートビーチ神殿
  • ペンシルベニア州フィラデルフィア神殿
  • イタリア・ローマ神殿
  • カリフォルニア州レッドランズ神殿
  • カリフォルニア州サクラメント神殿
  • カリフォルニア州サンディエゴ神殿

以下の6つの神殿は2020年6月29日より再開の第1段階を開始する。これにより合計で99の神殿が再開となる:

  • サウスカロライナ州コロンビア神殿
  • メキシコ・チワワ州コロニアフアレス神殿
  • メキシコ・グアダラハラ神殿
  • ネバダ州ラスベガス神殿
  • メキシコ・モンテレー神殿
  • オンタリオ州トロント神殿

以下の4つの神殿は2020年6月22日より再開の第1段階を開始する。これにより合計で93の神殿が再開となる:

  • サモア・アピア神殿
  • オーストラリア・ブリスベーン神殿
  • フランス・パリ神殿
  • ドミニカ共和国サントドミンゴ神殿

以下の12の神殿は2020年6月15日より再開の第1段階を開始する予定である。これにより合計で89の神殿が再開となる:

  • ブラジル・クリティーバ神殿
  • ミシガン州デトロイト神殿
  • 南アフリカ・ダーバン神殿
  • 南アフリカ・ヨハネスブルグ神殿
  • ハワイ州コナ神殿
  • ハワイ州ライエ神殿
  • フィリピン・マニラ神殿
  • オレゴン州メドフォード神殿
  • トンガ・ヌクアロファ神殿
  • ニューヨーク州パルマイラ神殿
  • オレゴン州ポートランド神殿

以下の11の神殿は2020年6月8日より再開の第1段階を開始する予定である。これにより合計で77の神殿が再開となる:

  • ナイジェリア・アバ神殿
  • ガーナ・アクラ神殿
  • フロリダ州フォートローダーデール神殿
  • インディアナ州インディアナポリス神殿
  • ポルトガル・リスボン神殿
  • テキサス州ラボック神殿
  • アイダホ州メリディアン神殿
  • タヒチ・パペーテ神殿
  • ネバダ州リノ神殿
  • アイダホ州レックスバーグ神殿
  • 日本札幌神殿

以下の14の神殿は2020年6月1日より再開の第1段階を開始する予定である。これにより合計で66の神殿が再開となる:

  • オーストラリア・アデレード神殿
  • ニューメキシコ州アルバカーキ神殿
  • ルイジアナ州バトンルージュ神殿
  • アルバータ州カルガリー神殿
  • 日本福岡神殿
  • オーストラリア・メルボルン神殿
  • イリノイ州ノーブー神殿
  • オーストラリア・パース神殿
  • ノースカロライナ州ローリー神殿
  • テキサス州サンアントニオ神殿
  • ミズーリ州セントルイス神殿
  • オーストラリア・シドニー神殿
  • オランダ・ハーグ神殿
  • ユタ州バーナル神殿

以下の18の神殿は2020年5月25日より再開の第1段階を開始する予定である。これにより合計で52の神殿が再開となる:

  • アラスカ州アンカレジ神殿
  • アルバータ州カードストン神殿
  • オハイオ州コロンバス神殿
  • テキサス州ダラス神殿
  • コロラド州デンバー神殿
  • ユタ州ドレーパー神殿
  • アルバータ州エドモントン神殿
  • コロラド州フォートコリンズ神殿
  • フィンランド・ヘルシンキ神殿
  • テキサス州ヒューストン神殿
  • ミズーリ州カンザスシティー神殿
  • ケンタッキー州ルイビル神殿
  • ユタ州マウントティンパノガス神殿
  • オクラホマ州オクラホマシティー神殿
  • フロリダ州オーランド神殿
  • サスカチェワン州レジナ神殿
  • ミネソタ州セントポール神殿
  • ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー神殿

以下の17の神殿は2020年5月18日より再開の第1段階を開始する予定である。これにより合計で34の神殿が再開することになる:

  • ジョージア州アトランタ神殿
  • モンタナ州ビリングズ神殿
  • アラバマ州バーミングハム神殿
  • ノースダコタ州ビスマーク神殿
  • デンマーク・コペンハーゲン神殿
  • アリゾナ州ギルバート神殿
  • ユタ州ジョーダンリバー神殿
  • テネシー州メンフィス神殿
  • テネシー州ナッシュビル神殿
  • アリゾナ州フェニックス神殿
  • 韓国ソウル神殿
  • アリゾナ州スノーフレーク神殿
  • ワイオミング州スターバレー神殿
  • 台湾台北神殿
  • アリゾナ州ヒラバレー神殿
  • アリゾナ州トゥーソン神殿
  • ネブラスカ州ウィンタークォーターズ神殿

以下の17の神殿は2020年5月11日より再開の第1段階を開始する神殿である*:

  • アイダホ州ボイシ神殿
  • ユタ州バウンティフル神殿
  • ユタ州ブリガムシティー神殿
  • ユタ州シーダーシティ神殿
  • ドイツ・フランクフルト神殿
  • ドイツ・フライベルク神殿
  • アイダホ州アイダホフォールズ神殿
  • ユタ州ローガン神殿
  • ユタ州マンタイ神殿
  • ユタ州モンティセロ神殿
  • ユタ州オグデン神殿
  • ユタ州オーカーマウンテン神殿
  • ユタ州ペイソン神殿
  • プロボシティセンター神殿
  • ユタ州プロボ神殿
  • スウェーデン・ストックホルム神殿
  • アイダホ州ツインフォールズ神殿

*アイダホ州とユタ州の幾つかの神殿は現在年次メンテナンス中であり,メンテナンス終了後再開となる予定である。

すべての神殿のリストとその状況を見る。

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.