ニュースリリース

ネルソン大管長、2021年4月総大会でさらの20の神殿建設を発表

預言者は2018年以来,六十九 の神殿建設を発表

20210404_071917_JLLOYD_CL76065.jpg

末日聖徒イエス・キリスト教会のラッセル・M・ネルソン大管長は,世界中に 二十 の新しい神殿建設計画を発表した。 新しい神殿建設計画は以下の通り。

ノルウェー・オスロ
ベルギー・ブリュッセル
オーストリア・ウィーン
ガーナ・クマシ
モザンビーク・ベイラ
南アフリカ・ケープタウン
シンガポール・シンガポール
ブラジル・ベロオリゾンテ
コロンビア・カリ
メキシコ・ケレタロ
メキシコ・トレオン
モンタナ州ヘレナ
ワイオミング州キャスパー
コロラド州グランド・ジャンクション
ニューメキシコ州ファーミントン
アイダホ州バーリー
オレゴン州ユージーン

ネバダ州エルコ

カリフォルニア州ヨーバリンダ

ユタ州スミスフィールド

ネルソン大管長は,2018年に教会の大管長に召されて以降,69の神殿の建設を発表した。イエス・キリスト教会では,現在,稼働中もしくは建設中,または建設の発表がなされた神殿は,251にのぼる

書式ガイドの注釈:末日聖徒イエス・キリスト教会に関する記事で,教会の名称を最初に引用する際には,正式名称を使うようお願いいたします。教会の名称の引用に関する詳しい情報は,こちらへ: 書式ガイド書式ガイド.