ニュースリリース

2021年大管長会クリスマス・メッセージ

わたしたちは「聖し,この夜」を歌うときも,ベツレヘムのみどりごの生涯がその夜に始まりカルバリで終わったのではないことを知っています。  前世において,イエスはメシヤ,キリスト,すなわち全人類の救い主,贖い主として御父から予任されました。  わたしたちを贖うために予任されたのです。  主はわたしたちの背きのために刺し貫かれ,わたしたちの罪悪のために傷つけられました。i  主は不死不滅を実現し,永遠の命を可能とするために来られたのです

2022年使徒を招いて行われる6つの地域ディボーショナルが世界のヤングアダルトのために行われる 

末日聖徒イエス・キリスト教会は,2022年1月9日(日)に,18歳から30歳までの末日聖徒を対象とした,6人の使徒が指導する地域ディボーショナルをストリーミング配信する。

数百人のミュージカルアーティストが「Luz de las Naciones」に出演

末日聖徒イエス・キリスト教会は、毎年恒例のラテンアメリカ文化の祭典を開催した。数百人のミュージカルアーティストが「Luz de las Naciones」に出演。

2022年教会放送カレンダー

末日聖徒イエス・キリスト教会の2022年教会放送イベントの日程は下記のとおり。

ディーター・F・ウークトドルフ長老を迎えたヤングアダルト・エリア・ディボーショナル

末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒定員会のディーター・F・ウークトドルフ長老が,2022年1月9日にアジア太平洋地域のヤングアダルトに向けて話します。妻のハリエット・R・ウークトドルフ姉妹も同行します。

「Light the World―世界に,光を」キャンペーン,2021年クリスマスに向けて開始

末日聖徒イエス・キリスト教会は,今年のテーマである「世界に,光を。愛と共に…」の取り組みにおいて,毎年恒例の「Light the World―世界に,光を」クリスマスキャンペーンを立ち上げた。

“核となる価値観を崩すことなく”、意見の相違を“より良い方法”で解消する方法を勧めるオークス管長

今日の米国においては、宗教団体や非宗教団体において存在する分裂は苦悩の元となり複雑なものであるが、大管長会のダリン・H・オークス管長は現在直面する対立へのより良い対処方法を提唱している。

韓国ソウル神殿再開についての最新ニュース

教会指導者,感謝を述べるとともに,慎重かつ安全に,知恵を使いながら段階的な再開を進めるよう強調する

日本語の末日聖典,26年ぶりの改訂版がリリースされる

日本語版末日聖典の26年ぶりの改訂版がリリースされたことが,2021年11月11日付けの大管長会からの手紙で日本各地の神権指導者に知らされた。インターネット上の電子版は即日公開されている。

2022年ルーツテックへの登録が開始

この度,世界最大の家族歴史イベントであるルーツテック2022の登録が開始された。ファミリーサーチが主催するこの年次イベントは,2022年3月3-5日にオンラインで開催される予定である。