ニュースリリース

COVID-19と世界中の末日聖徒に対するその影響[327日更新]

大管長、新型コロナウィルス感染からの緩和のため世界の人々に断食と祈りを呼びかける

すべての神殿の一時的閉鎖を大管長会が発表

COVID-19と世界中の末日聖徒に対するその影響[326日更新]

オークス管長,ジョセフ・スミスについて執筆した経験を分かち合う

ダリン・H・オークス管長は,過去50年間にわたり,末日聖徒イエス・キリスト教会の最初の預言者であり大管長であるジョセフ・スミスの生涯について研究し,執筆することにかなりの時間を費やしてきた。この信仰深い大管長会の第一顧問は,研究を初めた1958年から今日にいたるまで,その執筆を通して常に霊感を受け,高められたと語っている。

教会,宣教師のための自主隔離ガイドラインを強調する

末日聖徒イエス・キリスト教会は宣教師の自主隔離に関して,本日,2020年3月22日,以下の声明を発表した:

COVID-19と世界中の末日聖徒に対するその影響 (325日更新)

COVID-19と世界の末日聖徒に対するその影響(3月24日更新)

COVID-19と世界の末日聖徒に対するその影響 (3月22日更新)

伝道活動について 追加の一時的調整

末日聖徒イエス・キリスト教会の大管長会と十二使徒定員会は、2020年3月20日付で次の手紙を全世界の末日聖徒に送付。COVID-19が教会に及ぼす影響についての最新情報。