ニュースリリース

「モルモン書ビデオ」の新作をリリース—古代アメリカ大陸に御姿を現されるイエス・キリスト

古代アメリカ大陸でイエス・キリストがどのように教え導かれたかを示す「モルモン書ビデオ」。その新シリーズに含まれる9つのビデオのうち,最初のビデオが視聴できるようになった。

2022年10月版ワールドレポート

半年に1度の,末日聖徒イエス・キリスト教会からのニュースをまとめた「ワールドレポート」の2022年10月版が,教会ニュースルームとYouTubeで現在視聴可能となっている。

2022年10月の総大会で発表された指導者の変更

末日聖徒イエス・キリスト教会の大管長会は,教会の第192回半期総大会(10月1-2日)の土曜午後の部会で,様々な指導者の変更を発表した。

教会,新しい青少年の指針を発行する

教会は,末日聖徒の11歳から18歳までの青少年のための指針を一新した。『青少年の強さのために―選択の指針』は,決断に際して福音の原則を用いることに焦点を当てている。

202210月—総大会のニュースと発表

末日聖徒イエス・キリスト教会の総大会は6か月ごとに開催される。10月1-2日にアメリカ合衆国ユタ州ソルトレーク・シティーのテンプルスクウェアから生放送された2022年10月の総大会は,70か国語で視聴可能である。このページには,大会の説教,ニュースおよび発表へのリンクが掲載されている。

「自分が何者なのかを知る努力を」とベドナー長老がアジア北地域の聖徒らに勧告

「自分が何者なのかを知ろうと努力すれば、持続する喜びをもたらすものは何なのかがもっとはっきりわかるようになるでしょう」と最近、日本と韓国を訪れたデビッド・A・ベドナー長老は約束した。

教会,ユニセフの世界栄養不良プログラムのために500万米ドルを寄付する

末日聖徒イエス・キリスト教会は,ユニセフが新たに立ち上げた,「一刻も無駄にしない」世界栄養不良キャンペーンに500万米ドルの寄付を発表した。

イエス・キリスト教会,国連世界食糧計画(WFP)に3,200万米ドルの寄付を行う

末日聖徒イエス・キリスト教会は「国連世界食糧計画」(WFP)に対して,WFPが「きわめて重大な飢餓の危機」と呼ぶ危機に対処するのを支援するために,3,200万米ドルの寄付を行った。これは同教会が人道支援機関に対して行った単一の寄付としては最大の寄付額である。

宗教団体は不安や不信感を和らげることができる,と使徒は語る

十二使徒定員会のウリセス・ソアレス長老は水曜日に,宗教団体は今日の世界に蔓延する不安と不信感という疫病を生き延びるための鍵である,と述べた。

集会とオンラインのリソースを用いて一致を楽しむYSA

各ロケーションでは、参加者の便宜を図り宿泊施設が提供される。カンファレンスでは、霊的なディボーショナル、グループスタディ、活動、新しく友人を作り、継続する関係を育むための多くの機会が提供される。詳細は、地元のYSA代表まで問い合わせのこと。