ニュースリリース

使徒の椅子日本福岡伝道本部に見る教会歴史の一ペー

日本福岡伝道本部のリビングルームに美しいピンク色の革張りのリクライニングチェアがある。この椅子は普通の椅子ではない。それは教会歴史を物語る思い出の一品である。

教会、在浜松ブラジル総領事館への表敬訪問を行う

2021年3月30日、末日聖徒イエス・キリスト教会は在浜松ブラジル総領事館への表敬訪問を行った。

2021年4月総大会で新たに召された中央幹部七十人と中央初等協会会長会の紹介

2021年4月総大会では,新たに召された11人の指導者が発表された。この中には,8人 の中央幹部七十人と新たな中央初等協会会長会が含まれる。今週初め,指導者部会で77人 の新たな地域七十人が発表された。

預言者が総大会で教えた事柄 

総大会期間中(4月3日-4日)の特別な復活祭の日曜日に行われた午前の部会で,ラッセル・M・ネルソン大管長は,「信仰を増し加えるために今日から始める」ようにと述べた。4月3日と4日に開催されたこの大会には,世界中から何百万人もの人々が参加し,人の居住するすべての大陸から話者が集った。

ネルソン大管長、2021年4月総大会でさらの20の神殿建設を発表

末日聖徒イエス・キリスト教会のラッセル・M・ネルソン大管長は、新たに 20の新しい神殿建設計画を発表した。

2021年4月総大会の 指導者部会で 77人の新たな地域七十人が発表される

神殿再開に関する最新情報

最新情報:4月には、39の神殿が第2段階のB、7つの神殿が第3段階での儀式執行を始める。全神殿とその現状については全リストを参照のこと。

いくつかの神殿が再開の第3段階に入る

末日聖徒イエス・キリスト教会は2020年5月に、新型コロナウイルスによるパンデミックという状況下において、安全性を確保しながら慎重に4つの段階を経ながら神殿再開を始めた。

オンラインで交流する日本・山梨とウクライナ・キエフの会員たち

2021年3月20日(土)、ウクライナのキエフ・ステーク扶助協会と日本町田ステーク甲府ワード扶助協会による合同の創立記念祭がZoomにて開催された。17時(ウクライナ時間で10時)に266の画面に集まった両国の姉妹たちは、約1時間半、互いの証を分かち合い、交流を深めた。

20214月総大会の概

末日聖徒イエス・キリスト教会の総大会は半年ごとに開催される。2021年復活祭の総大会(2021年4月3-4日)はソルトレーク・シティーのテンプルスクウェアからデジタル版のみおよび放送で配信される。